セルフかっさケア協会

skca-logo

 

「自分の健康は自分で守る」の想いから協会を設立しました。
セルフかっさケア協会では、かっさを使ったセルフケアを中心に、

健康と美容に役立つレッスンとインストラクター講座を開催しています。

埼玉県熊谷の教室でのレッスンの他、出張レッスンや講座のご依頼も承ります。

 

 

 

『自分の健康は自分で守る』

健康寿命を延ばすために今から出来ることは何かと考えた時に自分の健康は自分で守るためのセルフケアの重要性を感じました。

人は一人では生きていけない。しかし自分のことがちゃんと出来なければ人のお世話をしてあげることなど出来ないのではないでしょうか?!

これからの10年20年先を考え、少子高齢化は益々進み高齢者が今のような社会的保証を受けることは難しくなります。

老人がもう老人とは呼べない時代、一生現役の時代に突入するのは容易に想像出来ます。

その時にこそ健康寿命、生涯現役(自分自身で動ける)の重要性が命の選択肢になるのではないでしょうか。

生涯現役、ピンピンころりを目指すために今からご自身の健康管理に目を向け、日々のケアを生活の中に取り入れる習慣づくりのお手伝いが出来ましたら幸いです。

 

セルフかっさケア協会 

会長  小林智子

 

 

 

セルフかっさケアとは・・・

かっさとは、中国で古くから行なわれている民間療法です。専用のプレートを使って皮膚のエネルギーラインや反射区を擦って刺激することで、毛細血管に圧を加え、血液の毒(老廃物などの不必要な物)を肌表面に押し出し、リンパや血液、エネルギーの流れを整えます。

セルフかっさケアは、専用のかっさプレートを使いリンパの流れに沿って、手、脚、肩、顔などを擦ります。疲労回復や美容健康を目的に、ご自宅で出来るセルフケアとして、わかり易く覚えやすい手順でお伝えします。